【随時更新】定額制アダルト動画サイトの割引クーポン最新情報

アダルト動画の評価基準

動画の評価基準

AV動画批評の管理人が実際に観たアダルト動画を評価する際の基準と指数(項目)についてまとめたページです。

5段階の星評価や点数方式をとっていますが、作品の特徴や傾向を示すガイド程度に考えていただければ幸いです。

評価レビューの例

アダルト動画の感想を綴った詳細ページに設置してある評価スコアの部分です。

詳細評価の5項目ごとに「1」〜「5」まで「1」刻みで点数をつけます。そして、合計点数を基に平均点を算出し、小数点以下切り捨てで総合評価を5段階の点数と星で表します。

下記は例として架空のタイトルや評価になっています。

後ろから責められたい正常位よりもバック派の評価レビュー

総合評価
(3.0)
配役:役と容姿の魅力
5
物語:話の流れと展開
4
演技:芝居と性のテク
3
映像:動画の見やすさ
2
収集:コレクション性
3
ココが良い!
  • 鏡の前での立ちバックで足ガクブル痙攣絶頂。
  • バックで突かれる度もうダメと声が出ちゃう。
  • ディルドをしゃぶりながらのバックで疑似3P。
  • 寝バックの普段と違う浅めの挿入感がヤバイ。
ココが残念!
  • 開始数秒でイッたなんて恥ずかしくて言えず。
  • アエギ声があへったオットセイみたいで煩い。
  • バックで乱れまくりイっちゃう時に腰抜けた。

評価基準

作品に対する満足度を5段階で評価(最低1<2<3<4<5最高)して、星評価別に動画を分類したり、評価指数の点数をつけます。

  • 評価:5つ星、5点(優秀)大変良い、永久保存、何度でも抜ける。
  • 評価:4つ星、4点(優良)良い、明らかに評価、抜かずにはいられない。
  • 評価:3つ星、3点(普通)普通、まあまあ、一部に見どころはある。
  • 評価:2つ星、2点(不足)少し悪い、ちょっと劣る、どこか残念。
  • 評価:1つ星、1点(悪い)悪い、劣る部分が目立つ、抜きにくい。

評価指数の5項目

評価指数になる5項目は点数を基にレーダーチャートで掲載します。

  1. 配役:出演者の顔立ちや体つきが作品の内容や役柄に合っているか、身体的な魅力に関する満足度。
  2. 物語:ストーリー物やドラマ風なら話に一貫性があるか、流れや展開の見せ方などに関する満足度。
  3. 演技:芝居部分のセリフ回し、セックス描写の充実や過激さ、性のテクなどエッチシーンの満足度。
  4. 映像:画質の良し悪しからカメラワークやアングルなどの撮影技術、動画の見易さに関する満足度。
  5. 収集:手元にダウンロードして、永久保存する価値があるのか、コレクションに値するかの満足度。

最後に

※当サイトにおける評価はあくまで私個人の評価です。人によっては違う感想やレビューになるかもしれません。あらかじめご了承ください。

作品を評価するのは大変難しいですが、私の主観で分類したいと思います。評価が低い作品が面白くないというわけではなく、私の好みではなかったとご理解ください。

評価レビューが皆さんの充実したエッチライフにつながれば、とても嬉しいです。